農家、たまにはまったり行きましょう


by jpghzkazog

高千穂峡 落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)

 14日午後1時半ごろ、宮崎県高千穂町の高千穂峡で落石があり、貸しボートで遊覧中だった同県えびの市の小学2年生の男児(8)が、右足の骨を折るなどの大けがをした。同乗していた国家公務員の父親(37)も左手指を切る軽傷を負った。町などによると、落石で観光客がけがをしたのは初めて。

 県警高千穂署の調べによると、現場は高千穂峡の「真名井の滝」北西約10メートルの五ケ瀬川の川幅が数メートルほどまで狭まった場所。家族で観光に来ていた男児と父親の2人がボートに乗っていたところ、高さ約20メートルのがけの上の雑木が倒れ、同時に複数の岩が崩落した。

 ほとんどの岩は川に落ちたが、長さ約50センチ、重さ約25キロの四角すい状の岩1個がボートの中に落ちてきたという。【石田宗久、川上珠実】

【関連ニュース】
北山たけし:“新妻”サブちゃん次女との同居まだ

<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
首相動静(3月10日)(時事通信)
5月に新年金制度の基本原則 “逃げ”? 具体設計は参院選後へ(産経新聞)
直接払い、10年度末まで実施猶予=出産一時金、医療機関に配慮−厚労省(時事通信)
<訃報>村松巌さん84歳=七十七銀行元頭取(毎日新聞)
[PR]
by jpghzkazog | 2010-03-15 20:37